転職する際に注意する事

転職を考えた際に、いくつかの注意をする必要があります。以下の点に気を付ける事で、スムーズに転職を行う事ができると思います。

 

転職する事を多言しない事

転職する際には、出来るだけ密かに行動する事を心がける必要があります。出来るだけ、周りに気づかれることなく、どれだけ仲が良い同僚にでも、はっきり転職先が決まるまでは、転職する事を話さない方が賢明です。もし、転職先が見つからず、今の会社にいる事になった場合、転職希望な事が周りに知られてしまうと後々仕事がしづらくなってくるからです。

 

身の回りの整理を始める事

退職の当日に慌てる事がないように、出来るだけ身の回りの整理をしておくと良いと思います。引継ぎの事は、もちろん、パソコンに残っているデータで必要なものは別に保存し、必要でないものは消去しておくことが必要です。また、個人の持ち物に関しても、周りに気づかれない程度に片づけておくと、退社日に大荷物になる事もなくなります。

 

有給などを調べる

転職先が決まったら、残っている有給の日数などを調べておく必要があります。買取が可能なのか、無理なら、残っている有給を有効に使う必要があるからです。

 

立つ鳥跡を濁さず

はっきり、転職先、退社日が決まったら、周りに報告します。気持ちよく退社するには、人間関係をしっかりしてから退社する必要があるからです。まさに立つ鳥跡を濁さずです。どんな理由で転職する事になったとしても、お世話になった会社、人間なので、気持ちよく退社ができるように心がけます。その際、会社の悪口などは言わないようにすることが賢明です。

 

以上の事に気を付ける事で、気持ちよく今の会社から、転職先に移ることができると思います。

 

 

 

特集
高卒から就職しよう!社会人への道
高卒の就職をスムーズに進めるためのコツなど